印刷・加工技術

印刷1

印刷2

UV印刷

UV(Ultraviolet)印刷とは、油性インキに対しUVインキという紫外線に
より化学反応を起こし、瞬時に硬化するインキを用いる印刷のことです。
この印刷技術を使うことで、油性印刷では考えられない様々なことを
実現することが可能です。

短納期を実現

印刷インキの硬化は一瞬なので、印刷後の乾燥時間が必要有りません。
表面印刷後の裏面印刷、打抜加工、製函などの後工程に直後から取り掛かれるため、
油性インキとは違い納期短縮が可能となります。さらに、弊社のUV印刷機には
表面加工(艶出し加工・艶消し加工)が同時に出来るコーターも付設されて
いますので、印刷と表面加工はワンパス処理が可能です。

環境にやさしい印刷

UVインキは構成物の中に揮発・排気による大気汚染の原因となる
VOC(揮発性有機化合物)を含んでおりません。弊社では、印刷室内の空気汚染から
大気汚染についてまでの配慮を心掛け、環境にやさしい印刷を実践しています。


印刷3

水滴や泡などを立体的に表現出来ます。

疑似エンボス印刷

擬似エンボス印刷は、UVニスと光沢UVニスの2種類の性質が異なる
ニスを使用することで、オフセット印刷でエンボス調の凹凸をつくり、
立体的に浮かび上がって見える印刷方法です。
印刷物に特殊な効果を与え、視覚的な訴求力を高めることで通常の
印刷とはひと味違う質感を実現できます。


偽造防止システム

近年、知名度の向上した商品が、部外者によってブランドを無断使用され、
紛らわしい偽物が出現し、愛着をもってブランド化した商品の価値が
損なわれる状況が度々発生しています。
そうした中、ブランドの保護と強化を更に図り、消費者、市場に対し、
あらためて本物の良さを発信する必要性があります。
弊社では、低コストで、安定供給が可能な偽造防止印刷技術システムを
開発構築し、包装材に付加する事で、ブランドの確立と地域活性化を
目指す皆様のお役に立てることを目的とし、ワークを開始致しました。

特許技術の高い信頼性

目視による判別が容易

オフセット印刷が可能

自由度の高いデザイン性


原寸紙寸:720×1,030mm

最大印刷寸法:705×1,20mm

原寸紙寸:360×520mm

最大印刷寸法:0.2〜1.0mm


光の当たり方で浮き出るような印刷が可能

点と線を複雑に組み合わせた二重印刷技術を採用する事で、
角度によって印刷画像が簡単且つ瞬時に変化して見えます。
一般的なホログラムと違い、通常の金額に近いコストで、
元の印刷原稿に偽造防止を施すことが可能です。

使用例

●県庁、県特産品、観光協会、農協 ●金融関係、マーク、宣伝、コンセプト
●ジーンズ  ●パソコンソフト  ●健康食品、化粧品

特許登録番号 第3398758号


PAGE UP